アフィエイトASP

広告主利用規約

Push+(プッシュプラス)広告主利用規約

Push+(プッシュプラス)の広告主規約(以下、「本規約」と表記)は、株式会社フュージョンモバイル(以下、「当社」と表記)と、本文にて定義する広告主(以下、「クライアント」と表記)と、媒体者(以下、「パートナー」と表記)と、サイト訪問者(以下、「ユーザー」と表記)の間の関係を規律するものである。

第1条(定義)

1.パートナーサイト、パートナー、ユーザー
当社所定の規約による入会契約を締結して、自己の運営するWEBサイトからネットワークを利用して、見込み客をクライアントサイトに誘導し、報酬を得ようとする者をパートナー(アフィリエイター)といい、パートナーの運営するサイトをパートナーサイトという。また、パートナーサイト上のリンクを通じて、パートナーサイトからクライアントサイトへ移動し、あるいは移動しようとする者をユーザーという。
2.クライアント、クライアントサイト
当社と当社所定の規約を締結して、自己の運営する商品やサービスを提供するWEBサイトに、ネットワークを利用して見込み客を誘導することを希望する者をクライアントといい、クライアントの運営するサイトをクライアントサイトという。
3.アフィリエイトプログラム、プロモーション
クライアントサイト及びパートナーサイトによって構築され、ユーザーをクライアントサイトへ誘導し、ユーザーの成果結果があった場合、クライアントがパートナーに対価を支払う仕組みをアフィリエイトといい、当社の提供するシステムをアフィリエイトプログラムという。アフィリエイトプログラムのパートナーサイトに紹介される1単位をプロモーションといい、成果報酬の決定をプロモーション単位で行うことができる。なお、アフィリエイトプログラムにおいて、パートナーがパートナーサイトに広告等を掲載すること(以下「提携」と表記)を希望するクライアントに対して提携の申請を行い、クライアントがこれを承認した場合、クライアントとパートナーの間に広告掲載契約が成立するものとする。
4.売上・リード、クリック、成果結果
ユーザーによる、クライアントサイトでの商品やサービスの購入を売上といい、ユーザーによる会員登録などのフォーム入力やアンケートへの回答などのユーザー情報の提供をリードという。また、パートナーサイトに掲載されているクライアントの広告素材をユーザーがクリックすることを、クリックという。ユーザーによる売上、リード、クリックを総称して、成果結果という。
5.成功報酬、成果報酬、手数料
クライアントから当社へ支払われる金額を成功報酬とし、当社がクライアントに代わってパートナーに支払う金額を成果報酬という。成功報酬から、成果報酬を差し引いた金額を、当社手数料とする。クライアントは当社に対し、パートナーに対する成果報酬の支払を委託する。

第2条(申込と承認)

クライアントとして申し込む場合は、当社が指定する申込書に必要事項を記入し申し込むものとする。当社が申込内容を審査し、申込を承諾した時点から本規約は効力を生じる。

第3条(サービスの内容)

当社が運営・管理するネットワークを提供し、アフィリエイトプログラムをパートナー・クライアント・及びユーザーが利用できるようにする。 広告掲載契約はクライアント、パートナー間で締結されるが、クライアントは当社に対しパートナーに対する成果報酬の支払代行を依頼し、当社はこれを引き受けるものとする。

第4条(オプション)

クライアントがオプションサービス(セミナー、企画等)を申し込んだ場合、クライアントは当社に対して申込契約書に記載の料金を支払いを行う。

第5条(プロモーション期間・成功報酬単価決定の方法の選択)

クライアントは、プロモーション開始までに、プロモーション運用の期間とパートナーサイトに対する成功報酬の決定方法(売上型・リード型・クリック型、あるいはその組み合わせ)を決定し、当社が指定する書式に記入し、提出しなければならない。 パートナーサイトへの成果報酬額は、原則として当社が任意で決定できるものとする。

第6条(パートナーサイトの解除)

当社の判断により、プロモーション参加中のパートナーサイトをクライアントの許可を得ずに解除する場合がある。その判断の基準は、クライアント側には原則公表しないものとする。

第7条(成果結果の確認、成果報酬単価の確定)
1. クライアントは、自ら当社管理画面上で認証を不要とする選択をした場合を除き、成果結果のあった日より60日以内に当社管理画面の認証画面にて、 個々の成果結果を認証または否認証しなければならない。60日を越えた成果結果は、自動的に認証確定される。
2. 前項にかかわらず、クリックの成果結果は、全て自動的に認証確定される。
3. 成果結果の認証により、クライアントはパートナーへの成果報酬及び当社手数料の支払義務を負い、成果結果の認証は、いかなる理由があっても取消・撤回することが出来ない。
4.クライアントが認証を不要とする選択をした場合、個々の成果結果があった時点で、個々の成果結果の確定があったものとみなす。

第8条(成功報酬の支払方法)

当社はパートナーの委託により、毎月月末を締日として、クライアントに関する全パートナーの成果結果の認証を集計し成功報酬金額として、クライアントに対する請求書を 発行し、クライアントは、請求書記載の期日までに当社指定の預金口座に成功報酬金額を振り込まなければならない。振込手数料はクライアント負担とする。

第9条(クライアントの遵守事項)

クライアントは、クライアントサイトにおいて以下の事項を行ってはならず、当社から是正の要請があった場合にはすみやかに応じなければならない。
1.アダルトサイト、アダルトバナーを掲載しているサイト、暴力・虐待を推奨するサイト、 人権差別を推奨するサイト、その他、公序良俗に反する、又は法令に違反するなど、当社が不適当と判断するサイトの運営
2.当社に対して虚偽の情報を申述すること、あるいは当社に対して虚偽の情報を提供すること。
3.18才未満の者をサイトの担当者とすること。
4.本規約の各条項に違反すること。

第10条(IDとパスワードの管理)

クライアントは、当社が付与したID及びパスワードを、自己の責任のもとに厳重に管理するものとする。万一、その管理を怠ったために損害が発生した場合はクライアントの負担とし、当社はいかなる責任も負わないものとする。

第11条(成果結果の管理)

1.クライアントは常に当社管理画面上のクライアント専用の管理ページにアクセスし、成果結果に関するデータを管理する義務を負い、不正な行為を発見した場合は、直ちに当社に報告しなければならない。
2.クライアントが、成功報酬に関するデータの管理・不正な行為の報告を怠ったことに起因する損害一切はクライアントの負担とし、パートナーとのトラブルに関しては、クライアントが解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとする。

第12条(トラッキング用ソフトの管理)

クライアントサイトにインストールされたトラッキング用のソフトウェアに関しては、クライアントが常に管理する責任を負うものとし、クライアントは当社より通知され るアップデート情報などに対応しなければならない。万一、その管理を怠ったために損害が発生した場合はクライアントの負担とし当社は一切の責任を負わないものとする。

第13条(著作権)

クライアントは、当社において著作権に関する問題のあるコンテンツを利用してはならない。第三者との著作権の問題が生じた場合は、当社は一切の責任を負わないものとする。この場合に当社が当該第三者に対して何らかの経済的な負担をした場合クライアントは当社が負担した全額を速やかに当社に支払う。

第14条(秘密保持)
当社とクライアントはこの契約を通じて知り得る、相手方の秘密を相手方の事前の承認なしには一切外部に公表することはないものとする。但し既に公知となっている情報は除くものとする。また、当社とクライアントは、参加クライアント等全般にまたがって集計された統計情報は、当該情報の主体が特定できない範囲において利用・公表できるものとする。

第15条(契約期間)

本規約の期間は当社が申込を承諾した日より6ヵ月後の末日までの半年間とする。 契約の終了日の30日前までに当事者の一方からの事前に終了の通知がない限り、本規約は半年毎に更新されるものとし、以後も同様とする。

第16条(クライアントからの解約)

本規約を途中で解約する場合、クライアントは解約希望日の30日前までに当社に連絡を行なうものとする。

第17条(規約の解除)

1.両当事者は、相手方に下記の事由が生じた場合、催告なしに本規約を解約することができる。
①本規約内の条項を遵守しなかった場合
②破産、民事再生、もしくは会社更生手続開始の申出があった場合、または清算にはいった場合
③支払の停止または手形交換所の取引停止処分があった場合
④仮差押、差押もしくは競売の申出があった場合
⑤租税公課を滞納し督促を受け、または保全差押を受けた場合
2.前項に基づき本規約が解除された場合、相手方当事者は、本規約に基づく債務についての期限の利益を失い、ただちに支払わなければならない。

第18条(精算義務)

1.本規約が終了した時はクライアントは終了日までのパートナーへの成果報酬を支払わなければならない。また、終了日以降もプロモーション期間中の成功報酬があれば別途支払わなければならない。
2.債務が残っている場合、当社は該当するパートナーへの支払いを行わない。当社はこれにより発生するパートナーからのクレーム等に対しては一切の責任を負わない。パートナーとの交渉は直接クライアントが行うものとする。

第19条(担当者との連絡)

クライアントと当社の間の連絡は原則電子メールにて行われるものとする。クライアントはこの連絡メールを拒否できないものとする。

第20条(サービス停止、変更、修正、追加、削除)

当社は、いつでもそのサービス内容を停止、変更、修正、追加、削除することができるものとする。その内容のクライアントへの通知は5営業日前に電子メールにて行うものとするが、緊急を要する場合はその限りではないものとする。

第21条(保証の制限)

当社は、以下の事項の保証をしないものとする。
①サービスが停止することなく、問題なく運営されること。
②サービスに欠陥が生じた場合に、常に修復されること。
③サービス内にコンピューターウィルスなどの破壊的構成物を存在させないこと。
④これらのためのセキュリティ方法が充分に提供されていること。
⑤ユーザーの動作環境によらず、広告が正常に表示されること。

第22条(責任の限定)

当社は本規約に関する債務不履行、不法行為、瑕疵担保責任、製造物責任、その他請求の根拠の如何に関わらず、得べかりし利益、あらゆる種類の付随的損害、派生的損害、及び特別損害について、責任を負わないものとする。

第23条(権利及びライセンスの帰属)

当社やクライアントがそれぞれに当社に提供するコンテンツ、技術、すべてのイメージ(バナーや商標なども含む)に関する権利はすべて提供する側に所属するものとし他方は当社上の限定された範囲内でのみその利用を許可されているものとする。また他方は一方の事前の許可なくしてそれらの 内容などに対して一切の修正・変更はできないものとする。

第24条(譲渡)

当社又はクライアントは相手方当事者の事前の書面による同意なしに本規約上の地位・本規約上の債権債務の全部又は一部を譲渡することはできないものとする。

第25条(不可抗力)

天災、当局の不作為、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動または戦争行為などの不可抗力があった場合は、いずれかの当事者も、本規約義務を履行する責任を負わず、履行遅滞について責任を負わないものとする。

第26条(遅延損害金)

クライアントが、本サービスに基づく金銭の支払義務を怠った場合、年14パーセントの割合による遅延損害金(年365日の日割計算)を支払うこととする。

第27条(届出義務)

1.クライアントは、住所・名称・代表者等の申込内容に変更があった場合に、速やかに当社に届け出るものとする。
2.クライアントが前項の届出を怠ったために当社の通知または送付された書類が延着し または送達しなかった場合、通常到達すべき時に到達したものとする。

第28条(準拠法・合意管轄)

本規約に関する問題は、日本法を準拠法とし、本規約に関する訴訟は、福岡地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

第29条(規約及び条件等の改訂)

1.本規約及び条件は、当社の判断によりクライアントの承諾なく随時変更・改訂を行うことができるものとし、クライアントはこれを承諾するものとする。
2.上記改定後の本規約も、当社とクライアントとの間のすべての関係に適用されるものとする。

2016年6月 以上



▲ ページトップ